Author: Writer

世界のフィンテック新興企業Top100におけるアプリケーションセキュリティの現状 最も有名で資金豊富なフィンテック新興企業100社のうち98社は、フィッシング、ウェブ、モバイルアプリケーションのセキュリティ攻撃に対して脆弱です。 CB Insightsは最近、「The Fintech 250:The Top Fintech Startups Of 2018」というタイトルのレポートをまとめました。レポートによると、250社が947件の取引で合計約530億ドルの資金を調達しました。このレポートには、初期段階(シード/シリーズA)から資金の豊富なユニコーン企業まで、さまざまな開発段階にある企業が含まれています。 今日、私たちはデジタルの変革と、従来の銀行モデルに対する新興のフィンテック企業の影響の増加を観察しています。ゲームを一変させるユニコーンの顕著な例であるRevolutについては、誰もが聞いたことがあるでしょう。都市化、ブロックチェーン、AIテクノロジーの急速な普及は、世界の金融業界を混乱に陥れ、動揺させています。 「S&Pグローバルワールド100大銀行のアプリケーションセキュリティの現状」という調査について肯定的なフィードバックをいただいたため、上記のCB Insightsレポートから上位100のフィンテック新興企業を対象に同様の調査を実施することにしました。 この研究の目的は、フィンテック企業のウェブおよびアプリケーションセキュリティの全体的な状況を明らかにし、従来の銀行の結果と比較することです。   主な研究結果 セキュリティ 100%の企業が、放置または忘れられたウェブアプリケーション、API、およびサブドメインに関連するセキュリティ、プライバシー、およびコンプライアンスの問題を抱えています。 250のフィンテック企業のうち8つのメインウェブサイトと64のサブドメインに、中リスクまたは高リスクの、公開されていて悪用可能なセキュリティ脆弱性が少なくとも1つ発見されました。 最も一般的なウェブサイトの脆弱性は、XSS(クロスサイト・スクリプティング、OWASP A7)、機密データの露出(OWASP A3)、不適切なセキュリティ設定(OWASP A6)でした。 パッチが適用されていない最も古いセキュリティ脆弱性はCVE-2012-6708で、2012年以降に公開されているjQuery 1.7.2に影響を及ぼします。 モバイルアプリケーションのうち100%において、中リスクのセキュリティ脆弱性を少なくとも1つ含んでおり、97%は、少なくとも2つの中リスクまたは高リスクの脆弱性を含んでいます。 モバイルアプリケーションのバックエンド(REST/SOAP API)の56%には、SSL/TLSの設定に関する重大な設定ミスやプライバシーの問題があり、 ウェブサーバーのセキュリティ強化が不十分です。 コンプライアンス 62%の企業は、自社のメインウェブサイトでもPCI DSSコンプライアンステストに合格しませんでした。 同様に、64%の企業が自社のメインウェブサイトでGDPRコンプライアンステストに合格しませんでした。   目次   方法論とデータソース ウェブサイトセキュリティ SSL/TLS暗号化セキュリティ PCI DSSおよびGDPR ウェブサイトコンプライアンス ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の使用 モバイルアプリケーションとバックエンドAPI 商標権侵害とブランド乱用 S&P Global 100大銀行とのベンチマーク 推奨事項と結論     1. 方法論とデータソース S&P […]

Read more

S&PグローバルTop100の世界大手銀行のアプリケーションセキュリティの現状 大手銀行100行のうち97行が、ハッカーが機密データを盗むためのWeb攻撃およびモバイル攻撃に対して脆弱です。 業界アナリストやセキュリティ専門家の間では、アプリケーションのセキュリティが重要だという意見で一致しています。 Forresterの最近の調査によると、アプリケーションセキュリティ市場は2023年までに70億米ドルを超えると予測されています。 一方、Gartnerによると、世界のサイバーセキュリティにおける支出では銀行部門がリードしていす。 この調査では、S&P Global list for 2019 に掲載されている世界最大の金融機関のアプリケーションセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスについて報告しています。 主な調査結果 コンプライアンス: 85個のe-banking WebアプリケーションがGDPR準拠テストに失格しました。 49個のe-banking WebアプリケーションがPCI DSS準拠テストに失格しました。 25個のe-banking Webアプリケーションは、Webアプリケーションファイアウォールによって保護されていません。 セキュリティの脆弱性: 7つの E-banking Webアプリケーションには、既知の脆弱性と悪用可能な脆弱性が含まれています。 パッチが適用されていない脆弱性のうち、最も古いものは2011年以降に公開された既知のものだ。 モバイルバンキング用アプリケーションの92%に、中リスクのセキュリティの脆弱性が少なくとも1つ含まれています。 全ての銀行は、セキュリティ上の脆弱性や、管理されないまま放置されたサブドメインに関する問題を抱えています。 目次   データソースと方法論 ウェブサイトのセキュリティ SSL / TLS暗号化セキュリティ PCI DSSおよびGDPR Webサイトコンプライアンス 旧式で脆弱なWebソフトウェア Webアプリケーションファイアウォールの使用 モバイルバンキングアプリケーション フィッシング詐欺 商標権侵害とドメイン・スクワッティング 推奨事項   1.データソースと方法論 FT500リストの世界最大の企業のWebおよびモバイルアプリケーションセキュリティを対象とした以前の調査から、強化された手法を活用しました。この調査の目的のために、22カ国の世界最大の金融機関を含むS&Pグローバルリストの外部Webアプリケーション、API、およびモバイルアプリを慎重に調査しました。 次の外部資産およびアプリケーションをテストしました: ImmuniWebがサイバーセキュリティコミュニティに無料で提供している非侵入的セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスのテストを実施しました: SSL Security Test Website Security Test Mobile […]

Read more

放置されたWebアプリケーション:FT500企業のアキレス腱 昨今、最大規模のグローバル企業でのセキュリティへの支出が増大している状況にもかかわらず、シャドウアプリケーションおよびレガシーアプリケーションが放置されているケースが多く、それらによってサイバーセキュリティとコンプライアンスが低下しています。 主な調査結果 FT500の企業のうち70%は、Dark Webで情報が販売されています。 外部Webアプリケーションの92%に、悪用可能なセキュリティ上の欠陥または脆弱性があります。 19%の企業が、保護されていない外部クラウドストレージを使用しています。 GDPRに準拠していない外部ウェブアプリケーションの2%がWAFで適切に保護されています。 研究の概要 目次   前文   研究データ 研究統計 3.1 外部アプリケーション3.2 SSL / TLS暗号化3.3 PCI DSSおよびTLS3.4 SSL証明書とドメイン名3.5 Webサーバーセキュリティ3.6 コンテンツセキュリティポリシー3.7 脆弱なWebソフトウェア3.8 デフォルトのWordPressインストール3.9 Webアプリケーションファイアウォール3.10 ISC / SCADAおよびIoT3.11 GDPRコンプライアンス3.12 プライバシーポリシー3.13 保護されていないクラウドストレージ3.14 オープンバグバウンティレポート3.15 ダークウェブで販売されたデータ 結論と解決策     1.前文 米国第21代国防長官ドナルド・ラムズフェルドは次のように述べています。 「既知の既知のものがあります(認識していて[原因or理由or対策]がわかっていること)。また、既知の未知のものがあることも知っています(認識しているが[原因or理由or対策]がわからないこと)。しかし、未知の未知(存在を認識すらしていないこと)の要素もあります。そして、我が国や他の自由諸国の歴史を振り返ってみると、後者のカテゴリーが難しいものになる傾向にあります。」 現在では、彼の英知は特にテクノロジーとサイバーセキュリティーの分野に適用されます。シャドウ、レガシー、および放棄されたIT資産は、通常、既知の未知または未知の未知のカテゴリに分類され、現代の企業や組織にとって大きなリスクとなっています。メンテナンスも保護もないまま放置された場合、セキュリティへの取り組みの有無やサイバーセキュリティへの支出の増加有無に関係なく、悪循環が発生し、 企業は簡単に侵害されてしまいます。 2017年11月、High-Tech BridgeはImmuniWeb®Discoveryの開始を発表しました。これは、特定の企業または組織に関連するすべての外部アプリケーションと関連IT資産を検索する、非侵入型のOpen Source Intelligence(OSINT)サービスです。つまり、ImmuniWeb Discoveryは、Webベースの攻撃可能な表面の包括的なスナップショットを迅速に構築します。会社名とメインWebサイトを入力するだけで、すべての外部Webサイト、Webシステム、ドメイン名、SSL証明書、WebベースのAPIおよびマイクロサービス、および保護されていないクラウドストレージの非侵入型調査を開始します。 私たちは最近、ImmuniWeb Discovery ユーザーの企業や政府に簡単なアンケートを送り、私たちのサービスでの彼らの経験を調査しました。調査の結果、発見されたアプリケーションのうち最大80%がサイバーセキュリティチームに知られていなかったことが明らかになり、この過小評価されがちな問題の規模と広がりには、大きな驚きがありました。 2.研究データ 既知の未知、未知の未知、関連するリスク、脅威に光を当てるために、Financial Times:グローバル企業上位1,000社 […]

Read more